NFDフラワーデザイン講師取得レッスンで「ほぐれた花束」を受講なさいました みゆきさんの作品をご紹介いたします。



使用花材

ヒマワリ、デンファレ、アルストロメリア、ケイトウ、クジャクソウ、ストロベリーキャンドル、スターチス、アイビーなど


みゆきさんのコメント

「ほぐれた装飾的花束」のレッスンを受けて久々の花束で苦労しました。

やっぱり続けるって大切と改めて思いました。


花束を制作する前に植物の下準備として上の方で枝分かれしている植物はあまり茎の横枝をはらい過ぎず、枝のあいだにお花を上手に乗せるように配置する。


また花と花の間に空間を作るテクニックは使用する

葉物等は、花より少し低めに配置する。


全体的にほぐれ感のある花束を作るには、植物の特徴を上手に生かしながらリズム感のある高低差をつくる。制作の途中でどうしても下に落ちてしまう植物はそのつど引き上げながらスパイラル状に構成する等を今回も先生から教わりました。

次回も引き続き花束レッスンで頑張ります。